令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」2021年3月12日 更新情報

更新情報 / (演劇緊急支援PJ)より(3月12日)

文化芸術活動の継続支援事業」(11月25日〜12月11日)について演劇緊急紙支援PJよりご案内があり、以下ご報告いたします。

集計対象:◎7/10から9/30までの応募総数(申請数)54,241件
◎11/25から12/11までの応募総数(申請数)42,063件
内:既申請者の追加18,607件 初回申請者23,456件

※第1~3次申請+第4次申請(初回申請)=申請数計
A-1 37,487件+13,666件(13,627件)=51,153件
A-2 12,163件+25,669件(7,947件)=37,832件
B     4,131件+2,505件(1,693件)=6,636件
共同   460件+223件(189件)=683件
全体 54,241件+42,063件(23,456件)=96,304件
のべ申請件数→96,304件(申請者数→77,697件)

*申請取り下げ=4,571件(2,736件、12/11 243件、1/29 686件、2/12 267件、2/19 377件、3/5 134件)
*不交付=5,733件(12/11 243件、12/25 117件、1/15 365件、1/29 253件、2/12 737件、2/19 2,226件 3/5 1,798件)

3/12現在※単純な積み上げ。
A-1  申請51,153件(採択39,893件78.0%)→ 通知待ち11,260件=22.0%
A-2  申請37,832件(採択34,131件=90.2%)→ 通知待ち3,701件=9.8%
B   申請6,636件(採択5,214件=78.6%)→ 通知待ち1,422件=21.4%
共同  申請683件(採択473件=69.3%)→ 通知待ち210件=30.7%
—————————————–
合計  申請96,304件(採択79,711件=82.8%)
→ 通知待ち(取り下げ4,571件、不交付決定5,733件を除く)6,289件=6.5%

ジャンル別の申請者数と採択率(3月12日情報)申請数は第1期(7/10~9/30)と第2期(11/25~12/11)の申請を足したもので、( )は第2期初回申請者の数です。
集計作業の都合上、事業終了後に発表するとのことで今回もジャンル別内訳は更新されていません。

音楽 → 41,820件 第1期申請数23,075件 第2期申請数18,745件(9,488件) 採択35,824件 85.7% (12/11不交付決定88件)
演劇 → 18,361件 第1期申請10,206件 第2期申請数8,155件(4,450件) 採択16,574件 90.3% (12/11不交付決定26件)
舞踏 → 6,067件 第1期申請3,363件 第2期申請数2,704件(1,598件 )採択5.196件 85.6% (12/11不交付決定16件)
映画・アニメーション → 4,135件 第1期申請2,377件 第2期申請数1,758件(1,237件) 採択2,945件 71.2% (12/11不交付決定15件)
コンピュータ他の電子機器等芸術 → 3,123件 第1期申請1,990件 第2期申請数1,133件(891件) 採択1,463件 46.8% (12/11不交付決定19件)
伝統芸能 → 1,933件 第1期申請1,111件 第2期申請数822件(434件) 採択1,739件 90.0% (12/11不交付決定5件)
大衆芸能 → 4,256件 第1期申請2,295件 第2期申請数1,961件(1,120件) 採択3,718件 87.4% (12/11不交付決定6件)
美術 → 10,053件 第1期申請5,890件 第2期申請数4,163件(2,546件) 採択7,696件 76.5% (12/11不交付決定28件)
写真 → 2,118件 第1期申請1,262件 第2期申請数856件(583件) 採択1,338件 63.2% (12/11不交付決定20件)
生活文化 → 546件 第1期申請360件 第2期申請数186件(123件) 採択303件 55.5% (12/11不交付決定10件)
国民娯楽 → 975件 第1期申請683件 第2期申請数292件(234件) 採択400件 41.0% (12/11不交付決定0件)
舞台スタッフ → 2,868件 第1期申請1,604件 第2期申請数1,264件(752件) 採択2,514件 87.7% (12/11不交付決定10件)
—————————————–合計  →  96,304件(77,697件)
第1期申請54,241件 第2期申請数42,063件(23,456件) 採択79,711件 (取下げ4,571件、不交付決定5,733件)

*申請・実績報告などの更新情報: 文化庁HP:https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/
コールセンター 0120-620-147【10:30~17:00(土・日・祝日も対応】
【文化庁】https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20200706.html
【文化芸術活動の継続支援事業 特設サイト】https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/

◎本事業の事務局(お問合わせ先)
独立行政法人日本芸術文化振興会 令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」事務局
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング13階
【新規募集の問い合わせ】0120-234-156(フリーダイヤル)
【その他の問い合わせはこちら】0120-620-147(フリーダイヤル)

奥畑康夫副会長のご訃報のご報告

奥畑康夫副会長のご訃報を、ここにご報告申し上げます。
OISTAT日本センターで、永くご指南を仰いで参りました奥畑副会長様、並びにご家族様へ、
心よりお悔やみ申し上げます。

1月25日に株式会社アート・ステージライテイング・グループの代表取締役大島祐夫様より、
同社取締役会長であられた奥畑康夫様が、2021年1月15日に、72歳にて永眠されましたことのご案内をお受けしました。

コロナ感染影響もまだあり、ご葬儀・告別式は1月22日にご家族のみにて執り行われたとのことです。
「お別れの会」等の実施についても、今後のコロナ禍の状況を鑑みて、ご家族様とのご相談で、
今後改めてご案内賜るとのことで、伺っております。

OISTAT日本センター、個人会員様ならびに法人会員様と関係各位皆様には
改めまして、ご健康第一を祈念しております。

OISTAT日本センター一同

2021年1月26日 | カテゴリー : topic | 投稿者 : oistat

本年もよろしくお願い申し上げます。

2020年は、皆様ともに本当に沢山の苦難を共有させて頂きました。
2021年度は、先ずは健康第一で、皆様にとり良い一年となりますようお互いのご協力の上で、
新たな活動をさせて頂ければと存じております。引き続き御指南をお願いいたします。

2021年1月1日 | カテゴリー : topic | 投稿者 : oistat

SENA 2020/2022 Online Forum, October 9-13, 2020

SENA: Southern European & Northern African / OISTAT Scenography and Theatre Technology Forum, OISTAT major international project. Due to COVID-19 pandemic, SENA 2020 has been postponed to 2022.
Therefore, SENA Team decided to hold SENA 2020/2022 Online Forum to connect theatre faculty through digital platforms.

OISTAT is pleased to present “SENA 2020/2022 Online Forum” on October 9 to 13, 2020. With 20 sessions in 5 days, SENA 2020/2022 Online Forum will bring various aspects of theatre architecture, design, technology, education, and research in Southern European and Northern African.
SENA 2020/2022 forum is free of charge, click to see full program.
http://www.oistat.org/Item/Show.asp?m=1&d=2806

 

OISTAT本部会長より「新型コロナウイルス」対策へのメッセージ

Message from the President in Pandemic Times
Dear OISTAT friends,

Just the other day I got reminded by my cell phone to check in for my flight from Houston to Habana.
Attending USITT – where I wanted to get inspired, meet friends from all over and of course do my annual check-up with the board – provided an excellent bonus opportunity to travel on to Cuba, to join the Congress of the Theatres of Latin America (TTLA). Perfect timing.
With just one ‘but’: I was not in Houston when I received my phone alert to check in for my Havana-flight. I was at home, in the Netherlands, in a lockdown situation because of the COVID-19 virus.

I don’t think there is anyone of us who is not affected by the Corona pandemic. The impact is grave.
My deepest respect primarily goes to those who work in healthcare, in whichever way – they are the heroes of our time. The global economy is shaking and all economic activity is in danger, effecting people’s lives in a severe way. With such big issues to deal with, art might seem a superfluous matter. It’s not. On the contrary.

Art is the silent engine that makes the world a better place. It’s proving itself to be true now that the pandemic has confined us to our homes, and we feel the lack of it. Not being able to practice, to create, to interact – whereas that is exactly where we normally all strive at: sharing a live experience. Its importance is all the more clear now that we are lacking it.

I’m impressed by the creativity found on a new stage: the digital one. Initiatives are emerging on the digital platform in order to create bridges in these difficult times. Our sector is proving its resilient status. My respect goes to you all, staying positive although you have to be working in solitude instead of in teams, seeing your opening nights cancelled, audiences absent, work postponed, income evaporated….and still finding ways to share your work and be constructive. All working hard, and setting the example to stay positive: preparing and rehearsing at home, performing on your balcony, give lessons in Zoom or Hangout sessions, in short: being able to stay optimistic and inspiring.  Especially now, we have to show unstoppable belief in the healing force of art, for our soul needs mending and comforting too.
I’m proud of all of you.

Stay safe, stay healthy, be careful out there,

Bert Determann
OISTAT President

法人新入会員様の御案内… イグス株式会社 様

日頃より、法人会員のみなさま、個人会員のみなさま方には、大変お世話になっております。
この度、2019年5月20日付で、正式に株式会社イグス様が、OISTAT日本センターへ
ご入会を賜りました。
先の4月3日の理事会でも満場一致で、ぜひご参画を願うことが決定し、
日本センターとして大変嬉しく存じております。
新入会員様のご紹介です。
イグス株式会社 https://www.igus.co.jp/

 

2019年5月30日 | カテゴリー : topic, 報告 | 投稿者 : oistat

演出空間における舞台技術の現状と展望2019年8月30~31日

  
JATET劇場演出空間技術展2019(セミナー及び展示)
日程:2019年8月30日(金)・31日(土)
会場:セミナー部門(有料)新国立劇場中劇場客席
展示部門(入場無料)新国立劇場中劇場舞台上
お問合せ:(公社)劇場演出空間技術協会(JATET)
TEL:03ー5289-8858/FAX:03-5289-2400
www.jatet.or.jp
*札幌文化芸術劇場(hitaru)施設見学会(2019年7月9日/13:30~)
(問合先:同上)

2019年5月30日 | カテゴリー : topic | 投稿者 : oistat

島 次郎 著『舞台美術 1986-2018』好評発売中

発刊のご案内を頂きましたので、頒布についてご案内いたします。
*島次郎氏が手掛けた500作品より自ら選出した70作品を掲載し解説。
<本体3000円+税>紀伊国屋書店 http://www.kinokuniya.co.jp/
島次郎 略歴
1946年札幌市生まれ。武蔵野美術大学卒、紀伊国屋演劇賞、
伊藤熹朔賞、朝日舞台芸術賞、読売演劇大賞最優秀スタッフ賞など受賞多数。

*訃報
舞台美術家島次郎氏が、4月9日73歳にて永眠されました。
お通夜:4月12日(金)18:00~20:30(シテイホール久米川042ー390-1194)
告別式:4月13日(土)10:00~12:00(同上)
…3月28日に日本舞台美術家協会主催での60周年展記念トークショウにご登壇されましたが、突然の訃報に驚いております。心よりお悔やみ申し上げます。

2019年4月12日 | カテゴリー : news, topic | 投稿者 : oistat