持続化給付金に関するお知らせ(2020.4.27)フリーランスを含む個人事業主の方へ

OISTAT 会員各位

会員各位
お世話になります。「新型コロナウイルス対応支援策について(フリーランス向け)」が文化庁HP(2020.4.21)で随時更新されています。間もなく、政府はフリーランスを含む個人事業主に上限100万で給付を開始するとのこと。(補正予算が通ってからですが、中小企業は200万)その際、フリーランスの人は、確定申告をしていないと所得水準の確定ができないというので、確定申告をしていることが前提になるようです。詳しくは経済産業省HPの【新型コロナウイルス対策補助事業】の持続化給付金に関するお知らせ(2020.4.27)」をご参照下さい。
なお「新型コロナウイルスの感染」の影響の為、確定申告の期限が延期(国税局HPご参照)されています。
まだ確定申告していない舞台スタッフの方は、至急、確定申告の手続きをされるようご案内申し上げます。
なお、今年から支払調書の添付は必要なくなっており、報酬と源泉徴収額の記録さえあれば確定申告できます(芸団協よりアドバイスも頂戴しております)。

*注意1)フリーランスとは、企業や団体などと雇用関係がなく、独立して仕事を請け負う人をいいます。フリーランスとは働き方・契約の仕方を指すことばとなります。個人事業主とは税務上の所得区分で、株式会社や合同会社などの法人を設立せず、個人で事業を営んでいる人をいいます。法人を設立している場合には売上を法人の事業所得として申告しますが、個人事業主では個人の事業所得としての申告となります。フリーランスのうち、法人を設立している人以外は基本的に個人事業主ということになります。

 

 

 

新型コロナウイルス感染の影響へのコメント募集

OISTAT日本センター 会員各位
皆様には、新型コロナウイルス感染防止と抑止に、最大限のご努力を講じて居られることと、心より祈念しております。なかなか緊急事態宣言発生から、今後の情況についても予断を許さない状況です。尚、当協会でも、皆様からのコメントを募集しております。(お問合せへお寄せください
是非ご意見をお寄せください。尚、個人情報保護については御安心ください。

OISTAT本部会長より「新型コロナウイルス」対策へのメッセージ

Message from the President in Pandemic Times
Dear OISTAT friends,

Just the other day I got reminded by my cell phone to check in for my flight from Houston to Habana.
Attending USITT – where I wanted to get inspired, meet friends from all over and of course do my annual check-up with the board – provided an excellent bonus opportunity to travel on to Cuba, to join the Congress of the Theatres of Latin America (TTLA). Perfect timing.
With just one ‘but’: I was not in Houston when I received my phone alert to check in for my Havana-flight. I was at home, in the Netherlands, in a lockdown situation because of the COVID-19 virus.

I don’t think there is anyone of us who is not affected by the Corona pandemic. The impact is grave.
My deepest respect primarily goes to those who work in healthcare, in whichever way – they are the heroes of our time. The global economy is shaking and all economic activity is in danger, effecting people’s lives in a severe way. With such big issues to deal with, art might seem a superfluous matter. It’s not. On the contrary.

Art is the silent engine that makes the world a better place. It’s proving itself to be true now that the pandemic has confined us to our homes, and we feel the lack of it. Not being able to practice, to create, to interact – whereas that is exactly where we normally all strive at: sharing a live experience. Its importance is all the more clear now that we are lacking it.

I’m impressed by the creativity found on a new stage: the digital one. Initiatives are emerging on the digital platform in order to create bridges in these difficult times. Our sector is proving its resilient status. My respect goes to you all, staying positive although you have to be working in solitude instead of in teams, seeing your opening nights cancelled, audiences absent, work postponed, income evaporated….and still finding ways to share your work and be constructive. All working hard, and setting the example to stay positive: preparing and rehearsing at home, performing on your balcony, give lessons in Zoom or Hangout sessions, in short: being able to stay optimistic and inspiring.  Especially now, we have to show unstoppable belief in the healing force of art, for our soul needs mending and comforting too.
I’m proud of all of you.

Stay safe, stay healthy, be careful out there,

Bert Determann
OISTAT President

文化芸術関係者に対する支援情報窓口

[文化庁が文化芸術関係者に対する支援情報窓口の情報を掲載]
文化庁ウェブサイトには、新型コロナウイルスの影響を受ける文化芸術関係者に対する支援情報窓口のページができました。随時更新(2020.4.21)されており、新型コロナウイルスをめぐる新しい情報をぜひご確認ください。https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/2020020601.html