「演劇の灯を絶やさないために、演劇の未来のために緊急支援を!」

会員各位  OISTAT日本センターの法人会員である「一般社団法人 日本舞台監督協会」より、下記のご案内が届いております。
以下ご参照の上で、ぜひ皆様のお力添えをお願い申し上げます。

会員各位、舞台スタッフ関係者のみなさまへ

日本演出者協会、日本劇作家協会、日本劇団協議会が、国、および地方自治体、そして民間の篤志家の皆様に向けて、
演劇団体への緊急支援をお願いする要望「演劇の灯を絶やさないために、演劇の未来のために緊急支援を!」を提出しています。
現在約25000名(5月18日)余りが集まっています。更に多くのご賛同(署名)が必要です!
舞台芸術関係者・舞台スタッフの方々、観客や支援者のみなさま、劇場関係者みなさまへ拡散してください。5月20日が目標です。
《演劇緊急支援プロジェクト参加団体》に日本舞台監督協会も参画しております。(全25団体)

要望①
今回の事態が戦後最大の危機であるという認識に立って、今年度の第二次補正予算を組み、文化芸術振興議員連盟が緊急決議した「文化芸術復興基金」を起ち上げ、専門機関で個々の芸術ジャンルの特質に対応した資金援助、助成を行うようにすること。この支援システムの策定に際しては、演劇関連団体の意見を踏まえること。また運営機関へ意見反映にも務めること。
要望②
東京都等の関係自治体での感染拡大防止協力金等の支援を演劇等の公演・イベントや民間劇場も対象事業とすることとすること。
また地方公共団体独自の支援策を講ずるとともに、前項の基金への拠出も検討すること。
要望③
この基金制度が確立するまでは、演劇芸術を愛し、その継続を願う民間の財団、企業家等からの寄付を受け入れる。
(…続きは演劇は生きる力・演劇緊急支援 HPで)
*呼び掛け文(劇団協議会・日本演出家協会・劇作家協会)演劇は生きる力。

Webページ開設!!
演劇緊急支援プロジェクト

Webページでは、劇場・劇団など団体の皆様もご賛同を受け付けています。
呼びかけ人・賛同者の映像、コメントを掲載しております。 ぜひご覧ください!

演劇は生きる力・演劇緊急支援    
上記をクリックいただくと、署名HPに入って頂けます。
*署名が終わると「寄付」の文字が出てきますが「寄付」は不要です。

 

日本演出者協会・日本劇作家協会・日本劇団協議会が、国・および地方自治体、そして民間の篤志家の皆様に向けて、
演劇団体への緊急支援をお願いする要望、「演劇の灯を絶やさないために、演劇の未来のために緊急支援を!」を提出しました。

演劇は生きる力。演劇緊急支援を記しますので、クリックの上でネットでご覧になり、ぜひ署名に参加してください。
呼び掛け文(劇団協議会/劇作家協会/演出家協会…敬称略)の署名欄がありネット署名ができます。既に2万5000名以上の署名があります。

演劇は生きる力・演劇緊急支援    
上記をクリックいただくと、署名HPに入って頂けます。
*署名が終わると「寄付」の文字が出てきますが「寄付」は不要です。
(呼び掛け人協賛団体/一般社団法人 日本舞台監督協会/理事長 小川幹雄)

舞台芸術に特化した貴重な支援情報サイトのご案内

新型コロナウィルスによる各種の自粛休業に関連して、舞台芸術に特化した貴重な支援情報サイトを、OISTAT法人会員「一般社団法人 舞台監督協会」より、同関連のご案内に際し、5月2日にお知らせを頂戴しました。
とても貴重な情報ですので、ぜひ皆様へお知らせ申し上げます。
https://help-performing-arts.info/
石川県・東京都・長野県・神奈川県・京都府・愛知県・福岡県 それぞれからのご案内の他、
小劇場エイド基金/
演劇支援プロジェクト SAVE THE THEATRE
アーツ・ユナイテッド・ファンド(AUF) 
からの支援サイトです。